2016年03月25日

発送後の送付先変更と楽天から営業電話

今日も寝不足。
晩飯にたこ焼きを焼きながら眠気に負けて落ちていた自分にビックリw
市販のつけ麺とセットでいただいた後、早寝早起きして今ブログ書いてます。

眠い原因は、徹夜で電脳仕入と出品作業をこなして、前日の発送後に住所が間違っていたという連絡が入った分の送付先変更を朝一番で対応したりしたから。

うろ覚えだけど、昔のクロネコメール便だと、発送後の送付先変更も無料でやってくれた気がする。
が、郵便局のカスタマーセンターに問い合わせたら、ゆうパケットだと手数料を取られることが判明(しかも高い。570円かかると言われたw)。

丁目の記述が抜けているだけだったので、ダメもとで直接配達局に問い合わせてみたら無料で対応してくれた。
現場の局の皆様、面倒かけてすみません。

あと、楽天から出店してみないかと営業電話がかかってきた。
キャンペーンで出品数によっては手数料が大幅に安くなるらしい。

うちのような弱小店舗をよく見つけたなぁと思って聞いてみたら、
「古物商免許の番号をアマゾンに記載しているので電話をした」
みたいなこと言ってたので、そういう切り口でリストでも持っているのかな?

正直に去年の売上と今の在庫数を伝えて、(楽天は手数料が高いのをチラッと聞いていたので)手数料負けしそうなので今は考えてないことを伝えたら、向こうも「手数料負けするかもしれませんね」って言ってた。正直やなw

楽天の方でも古本を強化したいらしく、出品してくれるところを探しているらしい。
1万冊出品できるなら、月々の手数料がタダかそれに近い金額を提示できるといっていた。
(ただし、ずっと同じ条件なのか、キャンペーン期間だけなのか等の詳しい話は聞いていない)

販路を増やす余裕のある方にはいい話かもしれません。
うちには永遠に縁のなさそうな話ですがw



参考になる記事がありましたら、応援クリックいただけると幸いです。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


posted by shin at 04:35 | 大阪 ☁ | Comment(0) | せどり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。